トップページ > 歯周内科

歯周内科

歯周病といえば、昔から歯磨き指導と歯石を除去したりする歯のまわりのお掃除が 基本的な治療方法でしたが、 なかなか歯肉の炎症が取れず、歯肉の腫れや出血・口臭で悩まれ、歯周病で歯を失う方がおられます。

ところが、簡単に薬で治す方法が見つかりました。
歯周病の原因である菌を特定し、薬でその菌を退治する、最新式の治療方法「顕微鏡を使った歯周内科治療」です。

顕微鏡を使った歯周内科治療

まず患者さんの口の中の汚れを少し採取し、それを顕微鏡で観察し、菌を確認します。顕微鏡で見ることで、今現在の菌の状態を確認することができ、歯周病になりやすいかどうか、今はどういう状態なのか、これからどういう状態になって行くのかがわかってきます。

顕微鏡を使った歯周内科治療写真



そして、細菌の除去薬の内服と、カビの除去薬剤あるいはカビとり歯磨き剤での歯磨きをしていただき、細菌を除去した後、歯石取りを行います。

細菌の除去薬の内服などの写真